So-net無料ブログ作成

子安神社 御朱印/茨城県かすみがうら市 [御朱印 神社 茨城]

子安神社御朱印

子安神社御朱印.jpg


【神社概要】

■子安神社(こやすじんじゃ)

創建年:大同二年(807年)

御祭神:木花開耶姫命、武甕槌命

旧社格:村社、延喜式内小社(論社)

例大祭:9月3日

参拝日:平成29年2月18日

ご利益:安産、子育て、火防、事業成功、武運長久、勝運


【子安神社御由緒】




大同2年、鹿島大神と駿河国富士浅間大神御分霊を鎮斎。源頼義父子征奥軍が、三村正月平(現石岡市三村)に宿営、たまたま当社の正月7日の大祭礼に際会。あまりの賑やかさに里人に尋ねた処、当社の由来を聞き、感銘した父子は、早速流れに架橋し(子安橋)神主に依頼し、朝敵降伏、国家安泰の祈祷をさせた。又、康平6年、征奥の大任を終え、凱旋の折、当社に報賽、社殿修営、祭祀料の寄進をしたと伝えられている。寛文13年正月拝殿造立(願主豊崎淡路守、禰宜太郎右衛門尉、禰宜惣衛門)。棟札に残る造営の記録としては、貞享3年、享保14年、文化4年とある。古来より安産子育守護神として崇敬され、各地で「子安講」が盛んに行われている。江戸初期の建立と思われる本殿は、花鳥、唐草、龍、人物などの浮彫り、透彫りの彫刻で囲まれ、わずかに残る塗料のあとから極彩色に彩られ、豪華絢爛に埋めつくされていたと思われる。明治6年4月村社に列格。同44年6月12日(第300号)供進指定。昭和27年8月22日宗教法人設立。


【子安神社御朱印授与所】

社務所、初穂料:300円

御朱印帳なし


【神社情報】

鎮座地:茨城県かすみがうら市東野寺252

最寄駅:JR常磐線石岡駅、高浜駅

駐車場:あり



茨城県かすみがうら市に鎮座する子安神社の御朱印です。椿の杜とも呼ばれている神社です。『延喜式神名帳』にある「夷針神社(常陸国・茨城郡)」に比定される式内社(小社)の論社とされています。夷針神社の論社は、同じかすみがうら市の胎安神社、東茨城郡茨城町の式内同名神社、笠間市泉の愛宕神社の境内にある飯綱神社、石岡市小屋の足尾神社があります。

子安神社では源義家が、奥州征討の時、都にいる御内室の安産を祈願したというご縁から源氏の家紋である笹竜胆(ささりんどう)を賜ったとされてます。これは鎌倉街道を挟んで鎮座する胎安神社と同様の伝承となっています。どちらも木花咲耶姫命を祀り、安産子育ての神社という点が同じですが、もう一柱のご祭神が、それぞれ武甕槌命と経津主命です。この二柱の神様は、言わずとしれた鹿島神宮香取神宮の主祭神であり、両神社とも二社で一体の崇敬を集め、利根川挟んで鎮座する鹿島神宮と香取神宮の御分霊をそれぞれ迎えており、さらに、子安神社が北を、胎安神社が南を向いて建っています。 

例祭は9月3日で子安神社講中(子安講)の祈願祭を斎行します。神社へはJR石岡駅からバスでの移動となりますが、本数が少ないため事前に時間の確認が必要です。御朱印は社務所でいただくことが出来ます。



【子安神社地図】



【子安神社画像】

1IMG_5540.jpg


1IMG_5544.jpg


1IMG_5550.jpg


1IMG_5534.jpg


1IMG_5531.jpg


ぽちっとしていただくと励みになります~♪








スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。